網本  麻里

         Mari  Amimoto

網本  麻里 Mari Amimoto 

 

車いすバスケット Wheelchair basketball

1988年  大阪府

生まれつき右足首の先天性内反足という骨の病気で2歳になる前に手術をし

小学校3年生の時に友達から誘われバスッケットを始め、続けていましたが

中学に入り又手術をしなくてはならなくなり、手術後走る事が困難になり

大好きなバスケットボールを断念しなければならない状況になってしまい

その時母と一緒に訪れた「大阪市長居障がい者スポーツセンター」

で車いすバスケットに出会い、

高校1年の時から車いすバスケットを始め翌年日本代表に入り

2008年の北京パラリンピックではチームは4位でメダル獲得はならなかったが

7試合133点をマークして得点王。

2011年U25世界選手権メキシコ戦では51得点し1試合得点の女子世界記録

を打ち立てた!

そして今年2016年9月,

前回ロンドンパラリンピックの金メダル強豪国でもある

ドイツ1部リーグと契約、

2020年4年後に向けあえて厳しい環境に身を置き

更なる高みを目指す日本のエースに期待したい!